オフィス移転の業者の選定では営業エリアにも注意

オフィス移転の業者は多く、あまり知名度はないが業界的に豊富な実績があるところも混じっています。



企業相手のビジネスだから、すぐに目につくような宣伝広告をしていない業者が目立ち、主に口コミによる紹介やリピーターからの受注がメインという場合も少なくありません。



一般の引越しと同じく、オフィス移転を手掛ける業者にも営業エリアがあり、あまり詳しくないエリアでの活動を依頼すると、取引している業者が異なるなどの事情で、時間がかかってしまう可能性があるので注意しましょう。


これまでの実績をチェックして、同業種のオフィスを手掛けたことがあるかどうかも比較対象にしておくと、より効率が良くなります。

日本経済新聞の有益情報にあふれているサイトです。

営業エリアの見分け方としては、事業の拠点として公開している事務所と、掲載されている実績の住所によっておおよそ判明します。

ホームページだけでは情報が不足してしまうので、相見積もりとして複数の業者からオフィス移転の見積もりをもらい、金額だけではなく信頼性や対応スピードも含めて総合的に評価するのが一般的です。


小規模であっても地元密着型で大手に負けないサービスを受けられる事例もよくあるから、選定の段階では担当者の提案力をじっくり見極めましょう。地元の関係者に融通が利くのであれば、魅力的な物件の紹介や、同業他社よりも安い工事費といった様々なメリットを享受できます。
実際のところは担当者の力量にもよるので、腕が良い担当者がついてくれることを条件に契約するのも1つの手です。